家族葬という手段もある|故人と別れを惜しむなら

婦人

新しいお葬式の形

線香

費用以外のメリットも

一昔前のお葬式は大きな会場で立派な祭壇を設け、たくさんの弔問客をお迎えすることが一般的でした。しかし、現在では核家族化や近所付き合いが希薄になっていること、経済的な事情から多額の葬儀費用は出せないという家庭が増えている事情から、家族葬という新しい形のお葬式が注目を集めています。家族葬は親族や親しい友人などの少人数で執り行うお葬式で、規模も縮小されるので費用が抑えられることが特徴ですが、プランは葬儀社によっていろいろあります。基本的には生花やブリザーブドフラワーで小さな祭壇を設置し、お通夜と告別式を執り行うので、これまでのお葬式がそのまま小さくなったという印象です。少人数のメリットとして弔問客の対応に追われることがありませんので、儀式的なお葬式ではなく心を込めて故人を見送ることが出来ます。家族葬は簡素なお葬式という理解がされている場合がありますが、一通りの儀式は執り行われるケースが多く、限りある予算の中でも最低限のことはしたいとお考えの場合にも適しているといえます。家族葬によく似た形のお葬式として、お通夜を行わない一日葬というものがありますが、こちらは告別式のみを一日で執り行います。一日葬は家族葬よりもさらに費用が抑えられ、一日で終わるので家族や遠方から来られる親族の方の負担が少ないことが特徴ですが、少し慌ただしく感じられるかもしれませんので、故人とゆっくりお別れがしたいとお考えの場合は家族葬の方が安心です。

スーツの人

故人の希望に合った葬式

故人や遺族の希望に合わせて葬儀を行うためには、業者や葬儀のスタイルについて知っておくことが大切です。横浜には、一般葬だけでなく家族葬や一日葬に対応している業者がたくさんあります。生前予約ができる業者もあるため、利用したい人は相談してみましょう。

葬式

葬儀を滞りなくするマナー

葬式を行うときは、故人の住んでいた居場所の風習に従って行います。寝屋川市に住んでいたのなら、寝屋川市で行われる葬式の作用を学んでおくと良いでしょう。関東圏とは異なる部分が多いので、僧侶や葬儀社と相談するとわかりやすいです。

線香とお花

家族で行う葬儀

大東市で家族葬を行うときの業者を探すには、どういった業者があるかを知るために、出来る限り多くの情報を仕入れましょう。相談や見積もりに対して気持ちよく対応してくれる業者は、家族葬を行うのにも対応が良いため安心です。