家族葬という手段もある|故人と別れを惜しむなら

お葬式

葬儀を滞りなくするマナー

葬式

他とは異なるマナーや作法

葬式を寝屋川市で行うときには、風習を理解しておいた方が良いです。寝屋川市のある大阪府では、香典の水引に、黒白ではなく黄白を用いることが多いです。また、一部の地域では、香典は黒白の水引で、僧侶に渡すお布施のみ黄白の水引を使用します。寝屋川市内でも場所によってしきたりが違うので、事前に確認しましょう。さらに、棺に人形を入れる風習もあります。ただし、友引に葬式を行うときだけなので、友引ではない日の葬式は棺に人形を入れることはありません。昔から友引の葬儀は、身内の不幸を招くので縁起が悪いといわれたのが由来です。自宅の葬式をするなら、屏風を逆さに置いたり、ぬるま湯を作るときもお湯に水を入れるのではなく、水にお湯を注ぐ逆さ水の習慣があります。最近は、斎場を使用した葬儀が多いので、逆さごとの風習を用いないケースもあります。家族葬のうち自宅で葬式を行うときには、知っていたほうがよい知識でしょう。大阪府の一部では、香典から1000円を返す作法がありますが、寝屋川市は該当しないので、予備知識として知っていると無難です。また、用意する骨壺は2つの場合が多いです。関東圏よりも小さなものを2サイズ使い、小さな骨壺は本骨、大きめの骨壺は胴骨と呼ばれています。菩提寺のある人は、2つの骨壺を納めることになっています。寝屋川市は、近隣も含め多数の葬儀社から選択できるので、丁寧な対応をする業者を探すのも比較的容易です。